暴走族がイチゴ狩り??

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 少年の暴走族離れ顕著=成人5割超、40歳以上も−警察庁

少年の暴走族離れ顕著=成人5割超、40歳以上も−警察庁2月1日10時31分配信 時事通信 暴走族の構成員のうち、20歳以上の割合が昨年末時点で51.1%となり、初めて5割を超えたことが1日、警察庁のまとめで分かった。全体の構成員は前年比9.3%減の1万3677人で、8年連続で減少。同庁は「少年の暴走族離れが要因」としており、対策をさらに強化する。 成人は6992人で、20代が6590人、30代が349人、40歳以上が53人だった。 成人の割合は1999年には29.1%だったが、2000年に31.0%、03年に40.2%となり、05年は47.6%に上昇した。 これに対し、少年の割合は99年は68.5%だったが、昨年は47.7%に落ち込んだ。 


高齢化に伴い、首都圏の暴走族の行動にもちょっとした変化の兆しが見られている。


高齢化により構成員の体力が低下、徐々に活動範囲が温暖な気候を求めて南下しているという。暴走行為の目的も自己顕示欲を満たすためというよりは地域住民とのふれ合いに変化しているというのだ。


ある暴走族幹部によると「この20年でうちは平均年齢が10歳も上がった。最高齢は48歳。さすがにこの時期、都心は寒くてやたらと体にこたえる。やはり千葉県、特に房総半島が暖かくて最高だ。爆音は焼き芋屋さんや、さお竹屋さんと同じ。俺たちが来たことを地域の皆様にお知らせするのが目的だ。農家の人は皆快く出迎えてくれている。特に日帰りでいちご狩りをして帰るのが、とってもナウでヤングな感じでイケている。お土産で持って帰れば女房と子供も大喜びだ」と語っていた。


また、堂本暁子知事も「以前の若い子達は騒音だけ残して走り去ってしまったけれど、最近の中年暴走族は経済的に自立していて地域経済の活性化に貢献してくれている。このまま高齢化が進行すれば、いずれは途中で疲れを癒すため、一泊暴走旅行に繋がり更なる経済効果も期待できそう。女性を"産む機械"呼ばわりするどこぞの大臣に比べればよっぽど男らしいし、優しくて素敵だわ[:ラブ:]」と頬を赤らめながら暴走族の高齢化に大きな期待を寄せていた。(parody news)






↑↑↑房総半島の"イナバウアー(らしい、笑)"いちご(楽天市場)←よくよく見ると・・・高いです、すみません、汗)



☆☆☆今日もお越しいただきましてありがとうございました。更新の励みになるので一日一回、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。☆☆☆

アクイユ矯正歯科〜バナー

ありがとうございます[:嬉しい:]


クリック募金とは、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みです。あなたに代わって、スポンサー企業がNPO団体に寄付をします。ぜひご協力をお願いします。

↓↓↓こちらもぜひご覧ください↓↓↓


ママの歯列矯正日記
あやこママの歯列矯正治療と子育て奮闘日記です


キャビンアテンダントの歯列矯正治療とフライト日記
国内航空会社で働く百花さんの歯列矯正治療とお仕事日記です




狭山市 入間市 東村山市 歯列矯正