記憶力1

先日、機内誌に連載されている浅田次郎氏のエッセイを読んでいたらこんなことが書いてあった。なんでも、氏は昔からメモという行為が大嫌いでメモ書きなどは一切しないそうです。アイデアが浮かんだら頭の中で文章を一気に練り上げてしまい、原稿用紙7枚程度のエッセイなら、一字一句たがわずに記憶して、・・・・・後は書くだけ・・・・・

さすがというか、天才は違うというか、振り返って自分はといえば記憶できるのはせいぜい漢字練習帳で4行が精一杯。それどころか、たった4文字の銀行のパスワードすら記憶できているか怪しいというていたらくなのだ。

そんなだから僕は当然メモはする。するんだけど仕事の合間だったり、移動中だったりすることが多いからキーワードだけを携帯でメモるのだ。

先日のブログで言えば「さんま、フライ、腐ってる、品川」とかそんな感じ。で、その日か、次の日くらいまでにさっさと書いてしまえば公開することになるのですが、実のところほとんどその作業をやっていない・・・(汗)

で、書かなかったメモ書きを後日見てみると・・・「うどん、長崎、そば、釜玉」みたいに、キーワードから何を書きたかったのかはっきりと思い出せるものもあるのですが、中にはキーワードを見てもストーリーがまるで思い出せないものもあります。その時にはきっとそれなりの小話になっていたはずなんだけど、もう思い出せないのです。それから、キーワード自体が意味不明になってしまっていることも多い。特に移動中にメモしたりすると、誤変換とかでキーワードそのものが何だったのか分からない(笑)

(続く・・・今回は本当に続く。今から書くから、笑)



*あっ、もしこれを読んで不安になった患者様、ご安心ください。患者様の名前と顔が一致しなくなるにはおそらくもう暫しの年月が必要です(笑)。イチローが引退して時が過ぎ・・・ゴルフの石川遼君がシニアツアーで活躍している頃・・・まではさすがに保障できませんけどね(笑)

矯正歯科 埼玉県 所沢市