歯を抜いたり抜かなかったり、なんで??

矯正治療を希望される患者様にとって歯を抜くか抜かないか?はとても大事な問題ですよね。治療サイドから見ていても、「これは抜かなきゃ絶対に無理!」と思える症状ならなんのためらいもないのです(というよりも、抜歯が嫌なら矯正治療を諦めていただくしかないのですが)。



ところが、どんな世界でもグレーゾーンが存在するのは世の常です。矯正治療の場合、絶対に抜かないと治療できない〜抜く必要は全くない、といったレベルがあって、当然、その中間に位置する症状も存在するんです。



日頃、矯正の相談を受けていても、複数の医院で相談された患者様の中に「ある医院では抜歯が必要といわれたけど、別の医院では必要ないといわれました。一体どっちが正しいのですか?」というご質問を受けることがままあります。

結論から先に言わせていただくと「どちらも正しいと思います」という答えになります。何故かというと、先のグレーゾーンに位置する患者様の場合、抜歯と非抜歯のどちらが正しいか?という判断基準ではなくて、抜歯の治療と非抜歯の治療のどちらが患者様の希望にかなう治療結果が得られるか?という基準で判断すべきだからです。



ここで皆様に知っていただきたいことは、「抜歯と非抜歯とどちらが正しいか?を判断することは難しいけれど、抜歯した場合の治療結果と非抜歯の場合の治療結果が同じであることは決してない」ということです。



のんびり続く



ホワイトワイヤーの続きも忘れてませんよ、笑)




歯科矯正 狭山市 入間市 東村山市