爆買い

月に一度髪を切る。そうと決めているわけではないけれど、職人技というかなんというか髪を切ってから一月経つと決まって目に前髪がかかるようになっていてもたってもいられなくなって美容院に行くのだ。男子だから理容室でもいいんだけれど最近は理容室を探すほうが難しい。そういえば幼い頃、祖父の家の隣が理容室だった。そこで髪を切る(といってもバリカンで剃るだけ)のだけれど毎度右半分とか左半分とか真ん中だけとか、ふざけたカッティングをしては「はいおしまい」と奥に引っ込んでしまい、私は外に出ることもできずに数分間放置された。今思えば戻ってきてくれるのはわかるのだが当時は本当に恐怖だった。

で、先日も前髪が目にかかってきたので美容院に行ったのだけれどそこで目にした光景が異様だった。ドアをあけると中国の方らしい3人の女性がやんややんやと大騒ぎしている。いや、本人たちは大騒ぎしているつもりはないのだろうけれど私には彼女らの話し声は五月蝿く感じる。彼女らの声が大きいというのもあるだろうし、自分が理解できない言語=騒音という側面もあるだろう。ただ、なにやら様子がおかしい。髪を切りにきているのではない。商品を買いに来ている。シャンプーやらなんやらダンボール箱や手提げ袋に詰め込んで買い込んでいるのだ。後で聞いたらその額22万円。馬鹿も休み休み言えといいたくなるような「爆買い」の光景であった。

それにしても・・・なぜに中国人はわざわざ異国の地で日用品を買い漁るのか??本国に売っていない、中国人は同胞の商売を信用していないなど理由は様々だろうがネットで注文して送ってもらえば良いだけではないのか?日本人が米国の店舗から買い物をするならそうするだろう。英語で注文するとか、米ドルで決済するとか少々面倒なことはありそうだけれど少なくとも本人が直接米国まで行って手提げ袋いっぱいのシャンプーをぶら下げて帰国するような間抜けなことはしないだろう。それとも個人輸入禁止とかの法律でもあるんだろうか。。。

 

written by 所沢、東久留米、飯能 近くのアクイユ矯正歯科クリニック