所沢のアクイユ矯正歯科クリニックです。もう何年も愛用しているT-falの電子ケトル。随分前に購入したものなのですが、今でも販売しているみたい(http://www.t-fal.co.jp/All+Products/Consumer+electronics/kettles/Products/Aprecia_Plus_Metallic/Aprecia_Plus_Metallic.htm)。

さて、使い始めた頃は鍋(我が家には所謂ヤカンがない)を用意する必要もなく、小型で置き場所に困らず、沸騰するのも早い、と良いことずくめに感じていたのですが、最近はせっかちになったのかなんなのかT-falの沸騰するまでの時間が長く感じるようになりました。ひょっとして、鍋で沸かした方が早いんじゃないの??という疑いを持ったのでちょっと実験してみました。

実験方法はT-fal、22cmの両手鍋、14cmのミルクパンにそれぞれ500mlの水を入れて沸騰までにかかる時間を計測します。ちなみにガスコンロは3つ口の中の最も大きいコンロを最大火力で使用します。T-falは沸騰したら自動的に電源が切れるのでそれまでの時間。鍋の方は温度計が無いので正確な時間を計測できませんが鍋全体がグツグツ沸騰してお湯が跳ねはじめるまでの時間を計測します。

IMG_1236.jpg

左から14cmミルクパン、t-fal電子ケトル、22cm両手鍋

予想
水深が浅く、面積が広いため、最大火力の恩恵を最大限に享受できると想像して22cmの両手鍋が1位、次にT-fal、最後に水深が深く、面積が小さいため最大火力の炎の外縁が加熱に寄与しないと考えて14cmのミルクパンの順としました。

結果
T-fal:2分43秒
22cm両手鍋:2分00秒
14cmミルクパン:1分50秒

なんと、予想に反する結果にちょっと驚きました。T-falは熱源が違うのでまあそんなものなのか、という感じなのですが、22cmの両手鍋より14cmのミルクパンの方が早く沸騰するとは思わなかった。たぶん、鍋が大きい分、それを熱するのに時間がかかる、面積が大きい分、水面からの熱放散が多いことが原因でしょうか。

 

所沢のアクイユ矯正歯科クリニックです。都内を中心に増殖中の立ち食い中心のステーキ屋さん「いきなりステーキ」。最初に知ったのはたぶん5年くらい前、雑誌かなんかだったかな。当時は「俺のフレンチ」などの俺俺シリーズが大流行(今でも?)していたころで、また似たようなのが出てきたな~とばったもん扱いしていたのですが予想に反して都内でどんどん増えている。HPによると100店舗を超えたそうな。

好んで肉を食べないこともあってあまり興味がなかったのですが、なんだか急に肉が食べたくなって先日ちょっと寄ってみました。スマホを忘れてしまい写真が撮れなかったのですが。

注文方法が変わっていて最初に席の番号札を持ってお肉のカット場に行きます。そこでお肉の種類とグラム数を決めて注文します。選べる種類は店舗によって異なるようで、私の行った店舗ではリブロースステーキ「ヒレステーキ」「本格熟成国産牛リブロースステーキ」「US産アンガス牛サーロインステーキ」の4種類が選べました。リブロースが1g7円、ヒレがg9円、本格熟成がg10円、アンガス牛がg8円の量り売りです。量り売りとはいえ下限が決まっていましてリブロースは最低300g、それ以外は最低200gからの注文になります。

ヒレの200gを注文したら冷蔵庫からヒレ肉の塊を取り出して目の前でカットしてくれます。215g、厚さが3cmくらいあります。結構なボリュームです。正直、こんなに食べられるか不安になりましたが、これが最低のg数ですから仕方がありません。私のすぐ後で注文したお客さんがヒレの400gを注文していたのですが、同じ肉枝からカットしますから単純に厚さが2倍なんですね。TVの大食い選手権でしか見たことが無いような肉の塊でした。

焼きあがるまでに10分位だったでしょうか。私、滅多にステーキを食べることが無いので比較対象が乏しいのですけど、美味しかったです。昨年石垣島で食べた石垣牛のステーキは4倍くらいの値段でしたがそれよりも美味しかった。ライスがセットで付いてこないのも良いと思います。私はスープとサラダセットを頼んでライスは頼みませんでした。「いきなり」の意味がよく分かってなかったのですけど、どうやら「前菜やらなんやら抜きでいきなりメインのステーキを食べる」ってことらしいです。栄養バランスが極端に悪いような気もしますが、考えてみたらライオンなんかは毎食「いきなり生ステーキ」の連続ですから人間だってその気になれば何とかなるのかもしれません。

肉好きの男性にお勧めですが、このお店、客層が独特です。私以外に10名ほどお客さんがいたのですが全員男性で平均体重が200ポンドを超えていたのではあるまいか。こういう食生活を続けるとそうなるのか、その逆なのか分かりませんけど。あと、キッチン丸見えのステーキ屋だから仕方がないとして、店全体がとってもオイリー。充満するオイリッシュな空気もそうだし、テーブルもきれいに拭いてはいるのですけどクロスを敷いているわけではないのでなんとなくヌルヌルしてる。間違っても綺麗なおべべを着て行ってはなりませぬw

ヒレステーキ200gにスープとサラダで2400円程度。美味しいし、多少のオイリー感を我慢できるならコスパが抜群でお勧めです。

 

 

所沢のアクイユ矯正歯科クリニックです。まさかと言っては失礼ですが、ご老体、新井貴浩選手の確変的な活躍もあり広島カープが優勝しそうです。それに引き替え巨人は唯一と言ってもいい生え抜きのスター選手、高橋由伸を引退させてまで監督にしたのに広島に独走を許す体たらく。

巨人はドラフト戦略を根本から変えないと。1989年野茂英雄の時は大森剛を指名、2004年ダルビッシュ有の時は野間口貴彦、2012年の大谷翔平の時は菅野智之。それぞれ入札にすら参加していないのですから保守的というか、本当に人気商売だということを理解しているのか??と常々感じておりました。それが積み重なって興味を失ったわけですが。


ちなみに1989年は欲張って元木大介を2位指名で獲得するはずが、ダイエーに1位指名されてしまった結果、1年浪人。翌年に改めて元木を1位指名。2012年の菅野は前巨人監督、原辰則の姉の子でもありますが、2011年のドラフトで巨人と日ハムが競合して日ハムが当たりくじを引いたものの入団拒否させて1年浪人。2012年に再度巨人が指名しました。2011年に菅野を抽選で外した巨人がその年に外れ1位で指名したのは英明高校の松本竜也。
彼は2015年、野球賭博に関与していた疑いでプロ野球界から追放。もちろん巨人からも解雇されました。踏んだり蹴ったりとはこのことでしょう。上手くいけば2011年に菅野、2012年に大谷を獲得できていたかもしれないのですから。TV放送の多い巨人がスター選手を獲得せずにツマラナイ堅実な選手ばかりを集めたのが昨今のプロ野球の衰退の原因だと個人的には思っております。日ハムのようにダルビッシュ、中田翔、大谷がいればTV中継が激減することもなかったのではないでしょうか。

改めて振り返ると強烈な印象を残す選手というのは10年に1人なんだな~、とつくづく感じます。ま、毎年驚くほどの選手が現れたら、盆暮れ正月と同じく年中行事になってしまいますが。

それにしても高橋監督の引退は惜しかった。

新井貴浩選手の打撃成績 2015年(38歳) 打率275 本塁打7 →2016年(39歳) 打率304 本塁打18(9月7日現在)

高橋由伸選手の打撃成績 2015年(40歳) 打率278 本塁打5 →2016年(41歳) 巨人監督

わからないですけど、もう少し選手として見たかったです。

広島カープの優勝は25年振りだそうです。当時のラインナップを見ると小早川選手がいます。20年くらい前に街中でお見かけしました。やっぱりプロスポーツ選手は体格が別格に凄いので目立つんですよね。芸能人は帽子かぶってサングラスかけて、キョロキョロさえしなければわからないと思うのですけれど、スポーツ選手は逃げも隠れもできないでしょう。

ちなみにカープが優勝したら広島市内では優勝セールが予定されているそうですが、あまりに久しぶりでセールのやり方がわからず困っているというような記事を見かけました。同じ広島が本拠地のサンフレッチェは2012,2013,2015と優勝ていたにもかかわらず。野球だとセールするけどサッカーだとしないのか。それからもみじ銀行の「カープV預金(カープ優勝で預金利率が0.2%上昇)」が話題になってたけど調べたところ「サンフレッチェV預金」は見当たらなかった。これはもう差別だなw

 

新所沢西口徒歩1分位にあるイタリアン「Hanky Panky」。店前にカタカナ表記は無いし「ハンキーパンキー」と読んでいた。

ちなみに「Hanky Panky」とは「いんちき、不倫、ごまかし、いかがわしい行為」といった意味だそうです。「いんちきイタリアン」とか「不倫歓迎 意式」って意味ですね、直訳すると。

最近はあまり聞かれることも無くなりましたが「アクイユ」というのはフランス語で「ACCUEIL」と表記しまして「ようこそ」とかいう意味です。

ちなみに私が知っている唯一のフランス単語でもあります。日本語はともかく、英語も日常会話すらかなり怪しいレベルなのに、大学入学直後から第二外国語としてドイツ語を学び始めた私ではありますが、大学生の常として最良の友は布団でしたから一から十までを数えるのが精一杯でありました。

まあ、屋号ですから。王道を行くなら「能村矯正歯科」。それだと選挙じゃないですけど書き間違いも多かろうと思えば「のむら矯正歯科」、それだとどこの「のむら」だか判らんじゃないか、地名を取って「所沢矯正歯科」にしようと思ったら内装業者がグサリと一言・・・「ダサい」。で、カタカナ語辞典をペラペラめくって「アクイユ矯正歯科」になりました。

というわけで、「まあ、これでいっか」程度のことであまり深く考えなかったな。名称変更もできるわけなので。

でも、今考えるとちょっと面倒でした。保健所に登記(?)に行っても逐一聞かれるんですよね、「アクイユ」ってどういう意味ですか?って。もし私が屋号を「Hanky Panky 矯正歯科(意訳としてはいんちき矯正歯科ってことになるのか?)」にしたとして、保健所はそれを却下する権限を持っているのでしょうかね??気のせいかもしれませんが、なんかやたらと確認されたような記憶が残っています。

さて本題に戻りまして、ランチメニューから「マルゲリータ」。確か1000円。サラダとドリンクが付きます

IMG_1222.JPG

IMG_1223.JPG

見目麗しく、王道を行くといった感じですが、男性には量が物足りないかもしれません。ピザーラみたいに2枚目半額とかないのかな??

 

 

 

大河ドラマの真田丸もそろそろ終盤に差し掛かろうとしています。実は大河ドラマを通しで見ているのは今回が初めてなのですが、とても面白いので過去の作品も気になり始めました。で、探していたらNHKオンデマンドなるサイトがありました。月980円で過去の作品が見放題。見れない作品も多いのですが(本当は過去最高の平均視聴率39.7%を記録した1987年の独眼竜政宗が見たかったのですが、これは残念ながら見れない)。

仕方がないので2009年の「天地人」を見ているのですが、どうも選択を誤ってしまったみたい。つまらないという訳ではなくて、描かれる時代が真田丸と同じく関ヶ原前後のため登場人物もほとんど同じなんですね、当たり前ですけど。真田家に焦点を当てているか、上杉家に当てているかの違いで織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と変遷する権力者に翻弄される大名たちが生き残りをかけて如何に動いたか、みたいな見せ方は同じなので見ている最中にどっちがどっちのドラマだったか解んなくなるのです。

それに拍車をかけているのが長澤まさみさん。どっちのドラマにも登場するし、この人「天地人」から「真田丸」まで7年経っているのに外見がほとんど変わらない。真田丸を見ながら「あれ?長澤まさみは織田信長の女忍じゃなかったか?」といった感じで混乱に拍車がかかるのです。

ということで、私の「真田丸」の視聴感は「天地人」の視聴感を織り込みながら形成中。「天地人」の平均視聴率は21.2%だったそうですが、「真田丸」は現在のところ17%くらいでしょうか。インターネットが普及して現在のTVドラマにかつてほどの視聴率を期待するのは無理があるにせよ、それにしても「独眼竜政宗」の平均視聴率39.7%は凄い数字です。毎週「紅白歌合戦」やっているようなものですから。もっとも若い世代は紅白とかいってもピンと来ないのでしょうけど、30年前は紅白を見ながらこたつでミカン、年越し蕎麦を食べながら「ゆく年くる年」を見て、年が明けたら親戚に電話、ってのがお決まりだったんですよ、我が家だけかも知れませんけどw

新所沢東口の洋食屋キッチンサン。新所沢周辺でもこういう個人経営の定食屋さんはほとんど見かけなくなりました。

アクイユ矯正歯科クリニックは西口にあるのですが、この日はたまたま東口の三井住友銀行に用があったので前々から気になっていたこのお店に立ち寄ったのです。本当は日高屋でラーメンが食べたかったのですが何故か行列、、、

行にチラッと覗いて行列ができていて「珍しいこともあるもんだ」と思ったのですが、銀行で所用を済ませるころには行列も無くなっているだろうと思ったらまだ列をなしておりました。なんかあったのか??ともかく並んでまで食べたいとも思わなかったので近くにあるこちらのお店へ。

お客さんは私含めて3組。対面の日高屋に行列ができているというのに閑散としています。初めてなのでどんなメニューがあるのやらさっぱりわからないので週替わりランチにしました。

IMG_1203.JPG

洋食屋だけどみそ汁です。ライスだけどみそ汁です。カレーソースだろうと頑としてみそ汁です。コンソメスープだのはメニューにありません。汁物はみそ汁限定です。「水菓子:コーヒー付」みたいな違和感は禁じ得ませんが。もっとも私はみそ汁大好きなので全く気になりません。むしろ「ライス:みそ汁付」の「:=コロン」の使い方の方が気になったのですが、調べてみたところ正しいようです。

コロン:コロンの後に続く節には説明したり、定義したり、列記したりするという役割があります

「ライス:みそ汁」は列記ですから全く正しいということになりますね。定食屋さんで己のアホさ加減を再確認させられるとは思いもよりませんでした。

IMG_1204.JPG

THE 定食屋さんって感じですね。本当にこういうお店が少なくなりました。チキンカツ定食は540円だったかな。今どき滅多に見かけないコスパです。西口にあったら頻繁に通うだろうな・・・

所沢のアクイユ矯正歯科クリニックです。「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が40年の節目をもって連載終了となるそうです。40年200巻、まだやってたのかというのが率直な感想ですが、初期の頃は面白かった。私が読んだのは40巻位まででしょうか、たぶん高校生くらい。

全体の1/5ですから全部初期といえば初期ですが、本当に面白いと思っていたのは15巻位まで。それまでは「破天荒な両津、中川、麗子 VS 真面目な部長」だったのが15巻あたりから「破天荒な両津 VS 真面目な部長、中川、麗子」になってしまい、絵も上手くなったというか、荒々しさが無くなってしまった。ネタの使い回しも酷くなって読むことがなくなりました。それでも40巻ですから8年位は楽しませてもらったんですね。ありがとうございました。

「こち亀」と言えば少年ジャンプ。母の実家が文房具やらタバコやら色々売ってたんですが、店名は「原*書店」という一応はれっきとした本屋でした。「一応」というのは当時は幼少でしたけれども、どう考えても「本屋」とは思えないんですね。

かつては本を売ることを生業としていたのかもしれませんけど、私が小学生の頃は本なんか滅多に売れない、というか文庫本なんかほとんど置いていない状態でした。お手伝いと称して「店番」をやらされるのですけれど、売れるのは「マイルドセブン」と「少年ジャンプ」ばっかり。私のお年玉も少年ジャンプの売り上げから捻出されていたのかと思うと二重の意味で両さんには頭が上がりませんw

少年ジャンプはもの凄い冊数が発売日の朝だったか、前日の夜だったかに届くんです。でも、本当にあっという間に無くなるんですよね、子供がビックリするくらいのペースでいい年した大人が「少年ジャンプ」を買っていました。私はその頃、あまり興味が無かったので「こんな大人が漫画読むの?子供みたい」って本気で思ってました。それに比べて少年サンデーは売れなかったですね。ジャンプはサンデーに比べて5倍くらいの部数が納品されるのに夕方位には無くなるんですが、サンデーは翌日まで残ってたりしましたから。当時は何でジャンプがあれほど売れてる理由がさっぱり解りませんでしたが今では随分と少年ジャンプの発行部数も減ってしまったようです。

40年前は、、、たぶんインベーダーゲーム真っ盛りだったころかな?家庭用ゲームといえばミカン箱くらいの大きさで、遊べるのは細長い棒で四角い球を跳ね返すだけのテニスのみという代物でしたが今ではポケモンGoか、、、タクシー初乗り320円だったでしょうか。人間そのものはそんなに変わらないのに環境は変わりますね。

落書き

所沢のアクイユ矯正歯科クリニックです。先日道を歩いていたら・・・

IMG_1171.jpg

落書きはいけませんよw

上手い絵とは思えませんけど面白かった。写真の撮り方がおかしいのでなんだか正座しているおじさんの様で、何の路面標示だかわけわかんなくなってしまいましたが元々はこういう標識です。

1f5e5eb437499bee6936ea4dbe2c96.jpg

ところで先日電動自転車を買いました。10万近くしますからちと高いですが一度乗ってしまうともう普通の自転車に戻れません。立ち漕ぎでヒーヒー登っていた坂道も座ったままスイスイです。充電時間がやや長いですが(5時間くらいかな?)一度充電すると35km位持つので特に気になりません。

難点は車体が普通の自転車に比べると重いことくらいでしょうか。なんか戦車に乗ってるイメージとでもいえば良いのかな?やや小回りが利きません。あと、一回転目が非常に軽く、初速が速くて慣れないと歩行者と衝突しそうになります。そのくらいかな、デメリットは。

健康目的で自転車に乗るならともかく、そうでなければデザインはあんまり良くないですけどお勧めです。

所沢のアクイユ矯正歯科クリニックです。小林製薬の「アンメルツ」が米国での発売を開始するそうです。以下はそれを伝えるニュース。

http://archive.is/V8VGH

ニュースタイトルは

「アンメルツ」ついに米進出へ 発売50周年、小林製薬

ついに??

調べてみると「ついに」とは「長い時間の過ぎたのちに,期待したり危惧したりした状態に達するさま」とあります。

例えば「イチロー選手がついに3000本安打達成」というのはOKな使い方でしょうが、一体、どこの誰が「アンメルツ」の米国発売を期待(あるいは危惧)していたというのでしょう。誰も期待していないし、そもそもコアなファン(多くは慢性的な肩こり、腰痛をお持ちの老男女、あるいはあの独特な臭いをこよなく愛する変人)でもない限り、このニュースを読んで久しぶりに「アンメルツヨコヨコ」のCMを思い出した人のほうが多いのではあるまいか。

「アンメルツ」米進出へ 発売50周年、小林製薬

こういうタイトルならすんなりなんですけどね、きっと記者がアンメルツのコアな愛好者でアメリカでアンメルツが売ってなくてさぞかしお困りになった経験がおありなのでしょうw

ところで記事中に「米国の鎮痛剤の市場は日本とほぼ同じ規模の年700億円前後とされる」とあります。人口は日本の約3倍ですからいかに日本人がお薬大好きな国民なのかが良くわかります。

ところでアンメルツですが、アメリカ人は湿布をあまり使わないそうです。筋肉痛でもなんでも痛いときには痛み止めを飲む習慣が強いそうですので塗り薬もやっぱり苦戦するんじゃないでしょうか。

米シーシェパードが調査捕鯨の妨害行為を永久にしないという米国裁判所の調停に合意したにもかかわらず、案の定というか豪シーシェパードは妨害行為を続けると発表したというニュース。

http://archive.is/8GbsX

日本の食文化を外国にとやかく言われる筋合いはないとも思いますが、捕鯨の妨害行為がシーシェパードの従業員(?)にとって生活の糧(寄付金)を得る仕事と化している以上、何を言っても無駄だと思います。

で、思うんですけどいっそのこと暫く位捕鯨なんか止めてしまったらどうでしょう?食料政策の問題があるにせよ、近々に日本人の栄養源として鯨肉の必要性が高まるとも思えないし。

仮に10年も調査捕鯨を止めてしまえば少なくともシーシェパードは解散せざるを得ないでしょう。寄付金が集まらなければ他に職を探すしかありません。

それに、これは何年かかるかわかりませんけど、かつては日本近海でも、それこそ手漕ぎの船で捕鯨をしていたわけですから資源が回復すれば再び日本近海でも捕鯨ができるようになるかもしれません。

今は南極で調査捕鯨をするから妨害されるのであって、日本の領海で捕鯨する分にはいくらなんでも妨害できないでしょう・・・甘いかな??